日給3万で月給30万?夜勤バイト・夜勤専従なら常勤看護師より休みが3倍に

夜勤に強い看護師求人サイト厳選3社

1位.「看護のお仕事派遣」

看護のお仕事派遣はレバレジーズ社が運営する看護師転職求人サイトで、業界最大級となる全国13万件以上の求人とサポートの手厚さが強み。看護のお仕事派遣は派遣求人に特化しており最大時給2500円の求人を紹介してくれます。

2位.「MCナースネット」

MCナースネットの顧客満足度は95%以上と非常に高く友人紹介実績No.1、非常勤・パートや派遣・紹介予定派遣、短期・単発系など常勤以外の看護師求人にも強い点が特徴です。

3位.「メドフィットナース」

メドフィットナースは求人紹介のスピードに定評のある看護師求人サイトで、非公開の求人情報や募集案件から依頼主にぴったりの職場を教えてくれるだけでなく、派遣の職場先にも足を運び「現場の生の情報」をお届けしてくれます。


時給や深夜加算に夜勤手当込みで3万~3.5万が相場

夜勤は大体、夕方の4時から翌日の朝9時頃までというところがほとんどだと思います。大体、拘束される時間を全て含めると17時間前後となりますが、その中に食事や仮眠の休憩を入れると、16時間前後となります。

看護師の病棟勤務、夜勤帯の平均時給は1500~1800円はあるかなと思いますので、それだけで25000~30000円ぐらいになります。そこに、病院が独自に設けている夜勤手当と法律で決められている深夜加算を含めると、8000~10000円ぐらいが追加となるでしょうから、合計で30000~35000円となります。

これも、働く場所(急性期病院、救急病院は高め、老人保健施設は少し低い)や地域(都心に行けば行くほど相場は上がる傾向)によっても変わってきます。

夜勤バイトなら勤務日数次第で月30万円が可能

先述したように一回の夜勤で16時間となると、月10回~11回が夜勤に入る限界かと思います(病院の労働基準的にも)。そうなると、単純計算で一回30000円として、×10回で考えると、30万ぐらいが月給になるのではないかと思います。

これは働き方ひとつなので、いろいろだとは思いますが、同じ病院で夜勤専従として常勤職員で雇われていれば、賞与もあるところが多いと思いますし、年一回の昇給もあってもおかしくないと思います。更に、勤続経験が長くなってくると、夜勤リーダーや夜勤専従主任、夜勤専従師長といった肩書きが存在する病院もあるので、役職手当も付加されます。

もちろん、そこに扶養手当や住宅手当も対象の方は入ってくると思うので、35万~40万ぐらいになるかもしれません。そうなると、税金や保険料引かれても手取りで30万も十分あると思います。反対に、夜勤バイトで単発でいろいろな病院で夜勤をされているような方は、本当に一回一回の日給だけになってしまうので、月給となると少し不安定な部分はあるかもしれません。ただ、自分のスケジュールに合わせて仕事に入れそうなので、そういったメリットはあるでしょう。

都会と地方で日給の相場が大きく異なる夜勤専従の給料

多少のズレはありますが、勤務時間16:00~8:30(休憩120分)/交通費支給/週1回以上、月4回以上という条件が多いです。物価や最低賃金と同様、夜勤バイトの日給にも格差があります。
「万の位」だけ着目すると、地方では2や3の数字が多いのに対し、首都圏や関西の中心部では3の中に4が混ざっています。

同じ政令指定都市でも、熊本市の相場が20,000円前後に対し、横浜市は35,000円前後になります。だからといって、都会の方が良いとは一概に言えません。

地方では、病院食と同じメニューの夕食と朝食が提供される病院が実在します。空腹で夜勤に入っても、ちゃんと栄養を付けることが出来ます。

更に僻地では、医師を都会から「出張」という形で調達しているところが多く、新しい医師が来る度、そして任期が終わる度に医師団や事務による接待の慣習が昔から続いている病院があります。さすがに宴席には参加しませんが、余りもののオードブルや飲み物が詰所の夜勤者に差し入れられるというアットホームな雰囲気があります。

夜勤専従も同様に月30万が可能な働き方

非常勤とはいえ、夜勤専従は勤務回数が多いほど月給は上がります。月8回もこなせば25万円~32万円となりますね。
一般会社員と同額程度の報酬が期待でき、贅沢をしなければ、家族を養っていける位の収入になります。

ただ、注意すべき点としては、どんな職業も身体が資本です。夜勤が儲かるからといって、シフトを入れ過ぎて身体を壊さないようにしましょう。次に準夜勤の場合を見ていきましょう。

殆どの病院が2交代制をとっていますが、まれに3交代制の病院もあります。17:00~22:00(休憩なし)の準夜帯が時給1,800円、22:00~8:30(休憩120分)の深夜帯が時給2,000円、と設定されている病院もあります。

夜勤専従を希望しているけれど、病院に16時間拘束されるのは難しいという方にとっては、選択肢が広がる条件だと言えます。雇用者側との相談により、「準夜勤専従」や「深夜勤専従」、あるいは大方の人が解放感に浸っている時に働くという「週末の夜勤専従」という求人もあります。働き方は自分次第です。

夜勤に強い看護師求人サイト厳選3社

1位.「看護のお仕事派遣」

看護のお仕事派遣はレバレジーズ社が運営する看護師転職求人サイトで、業界最大級となる全国13万件以上の求人とサポートの手厚さが強み。看護のお仕事派遣は派遣求人に特化しており最大時給2500円の求人を紹介してくれます。

2位.「MCナースネット」

MCナースネットの顧客満足度は95%以上と非常に高く友人紹介実績No.1、非常勤・パートや派遣・紹介予定派遣、短期・単発系など常勤以外の看護師求人にも強い点が特徴です。

3位.「メドフィットナース」

メドフィットナースは求人紹介のスピードに定評のある看護師求人サイトで、非公開の求人情報や募集案件から依頼主にぴったりの職場を教えてくれるだけでなく、派遣の職場先にも足を運び「現場の生の情報」をお届けしてくれます。

ページ上部へ戻る